BRIDAL CAFE MAGAZINE

Pocket

結婚準備

2017.01.18 (Wed)

結婚が決まったら、何から始めればいい? ~親への結婚報告&あいさつ~

プロポーズされた♪結婚準備、何から始めればいい?
彼・彼女にプロポーズされたら、一番目始めに必要なのが、親への挨拶、『結婚の承諾を得る』こと。親への挨拶の訪問順は、先ずは、男性が女性側の家へ行くのが一般的。その後、男性の親へ挨拶、職場の上司への報告、同僚や友人、親族への報告という順になります。親への挨拶の時期は、結婚の6ヵ月~1年前までになど、親に安心してもらうためにも訪問中はもちろん、訪問前後にも気を付けたいマナーがあります。ここでは、事前に知っておきたいマナー・基礎知識をご紹介いたします。

親への挨拶までの流れ

結婚の意思が固まったら、おふたりの両親へ挨拶。大切な日までの心づもり、準備をご紹介いたします。

Flow
1. 挨拶の日程を決める
2. お互いの親に相手の情報を伝える
3. お互いの親の情報を交換する
4. 手土産を用意する
5. 二人そろって結婚の挨拶へ

1. 挨拶の日程を決める

日程の調整がつきやすいように、2週間くらいの余裕を見て、連絡を取りましょう。親から時間の指定がない場合は、昼食・夕食の時間にかからない14時頃の約束がベスト!

挨拶の日程を決める

2. お互いの親に、彼・彼女の情報を伝える

名前・年齢・職業・人柄・出身地・家族構成など基本的な情報は、自分から親へきちんと伝えて、親の不安を取り除けるようにしましょう。
当日避けたい話題、シャイで口数が少ないといった性格面など当日戸惑われそうなことは事前に伝えておくと安心です。

お互いの親に、彼・彼女の情報を伝える

3. 彼・彼女に、お互いの親の情報を交換する

基本的な情報以外にも、趣味・食べ物の好み、スポーツ・お酒の好き嫌い。頑固、人見知り、礼儀にうるさいなど性格やクセ。学歴・政治・病気などの嫌がりそうな話題。事前に知っておいた方がいい、お互いの親の情報交換して対策をしておきましょう。

彼・彼女に、お互いの親の情報を交換する

4. 当日渡す手土産を用意する

親の好みを事前にリサーチ!当日、訪問先の近所で間に合せのように買わないようにしましょう。手土産の選びのポイントは、次の項目でチェック!

当日渡す手土産を用意する

5. 二人そろって結婚の挨拶へ

いよいよ二人そろって結婚の挨拶へ!
当日の服装・ヘアスタイルを決め、手土産を用意。遠方の場合は、交通チケットやホテルの予約も早めに。
気持ちも整えて、準備万端で望みましょう♪

二人そろって結婚の挨拶へ

好印象を残すマナーはこれ!

挨拶当日は、和やかな雰囲気で滞りなくおえたい!その為には、知っておきたいマナーがあります。ポイントは「話題・手土産・清潔な服装」の3つ。
当日までにお互いの親のプロフィールを交換して、みんなが楽しめる話題を準備しておけば安心。手土産も、相手の親の好みや今話題のものなどをリサーチして、喜ばれる品を用意したい。服装も印象を左右する大きなポイント。スーツを基本に清潔感とさわやかさを意識しましょう。

Manners
1. 身だしなみ・服装のチェック
2. 手土産の選び方
3. 話題の準備

1. 身だしなみ・服装のチェック

お互いの親への挨拶は、第一印象が大事!
安心感と好印象を持ってもらうには、きちんとした身だしなみを心掛けましょう。派手すぎず、地味にならないように意識して、女性は上品さ、男性は誠実さが大切です。

身だしなみ・服装のチェック

  • 01.HairStyle / ヘアスタイル (男性)
  • 爽やかな短髪、黒髪がベストです。寝グセのチェックも忘れずに!
  • 02.Face / 顔・身だしなみ (男性)
  • 髭を剃り、爪を短く、鼻毛のケアも忘れずに!
    唇や手の荒れにも注意して、クリームでケアを。
  • 03.Clothing / 服装 (男性)
  • グレーや紺系のシンプルなシングルスーツ。シャツは白や薄いブルーの無地が無難。派手な色や柄は控えて、無難にまとめると真面目な印象に。特にシャツにはピシッとアイロンを。汗をかいたとき用にハンカチも準備。
  • 04.Shoes / Socks / 靴・靴下 (男性)
  • 靴下はスーツの色に合わせて新品を用意。靴は磨いておき、靴下や靴の中敷も汚れていないかチェック。
  • 01.HairStyle / ヘアスタイル (女性)
  • 髪色は、明るすぎるのはNG。長い髪はまとめると清潔感がグンとアップ。
  • 02.Makeup / お化粧 (女性)
  • 派手なメイクはNG。ナチュラルメイクにピンク系やブラウンの色味をさすと健康的な印象に。
  • 03.Clothing / 服装 (女性)
  • ワンピースやジャケット×スカートで女性らしく、きちんとした感じを出しましょう。上品に見えるネイビーやベージュなどがおすすめ。タイトスカートや短かすぎるスカートは、正座のときに上がるので避けましょう。
  • 04.Shoes / Socks / 靴・靴下 (女性)
  • 高すぎるヒール、着脱時に時間が掛かるブーツは、ひかえましょう。夏でもストッキングは必須。
  • 05.Accessory / Bag / アクセサリー・バッグ (女性)
  • アクセサリーはつけすぎず、パールや小粒ダイヤぐらいで控えめに。ピアスや指輪は問題はないですが、高価すぎる装飾品はNG。明らかに高価なブランドバッグは印象が良くないので避けましょう。

2. 手土産の選び方

手土産には「結婚の挨拶をする時間を頂戴したことへの感謝の気持ち」を表す意味が込められています。また「形に残らないもの」「食べ物」が良いと言われています。当日に訪問先の近所で買わないよう、前もって準備しましょう。

手土産の選び方

  • POINT 1 / 親の好みを事前にリサーチ!
  • 好きかどうか、親の好みを事前にリサーチしておくと購入の際にあまり迷わずに決められます。
  • POINT 2 / お土産も話題の一つに!
  • 地元のお土産なら会話もスムーズに。「地元で有名」「地元で人気のある」「子どもの頃からよく食べていた」などお土産にまつわる話を添えると話のきっかけになります。
  • POINT 3 / 気になる手土産の予算は?
  • 予算は3,000~5,000円が相場です。
    安くなりすぎず、高くなりすぎないよう相場の範囲内で選ぶといいでしょう。
  • POINT 4 / 賞味期限にも注意!
  • 最低でも3日以上日持ちがするものを。生菓子は賞味期限が短いので、常温の賞味期限がある程度長いものを。
  • POINT 5 / お土産に相応しくないもの!
  • 羊羹や煎餅など。羊羹は「切り分ける」、煎餅は「割れる」など「結婚」の場にふさわしくないとされるものは避けましょう。個別包装されているなら良いでしょう。
  • POINT 6 / 熨斗(のし)はいる?いらない?
  • 結婚の挨拶の場合、まだ結婚が決まったわけではないので基本的には必要ありません。もしつける場合は、蝶結びの水引の熨斗に、表書きを「御挨拶」とし、自分の名前を記します。
  • 3. 話題の準備

    挨拶の日取りが決まったら、先ず彼女の親の情報をリサーチ!自分との共通点や質問しやすいことを見つけて、会話のイメージトレーニングをしてみましょう!

    話題の準備

    • ✔ 天候の話
    • 気兼ねなく話ができるのは、天候や季節の話。話のきっかけに。
    • ✔ 仕事の話
    • 話ベタなお父さんとも会話しやすいのが、仕事の話。仕事内容や頑張りなどをアピールするチャンス!
    • ✔ 趣味の話
    • 野球やサッカー観戦、ランニングやウォーキングなど、スポーツに関する事。好きなお料理や旅行の思い出話。共通の趣味が見つかれば、大いに盛り上がります。
    • ! 避けておいたほうがいい話題
    • 宗教、政治、自慢話など
  • ✔ 出身地の話
  • 観光地や名産品、評判のお店、地元のお祭りなど。お互いの共通点や違いが見つかり話が広がります。
  • ✔ 相手の子どもの頃の話
  • 親が聞かれて嬉しいのは、我が子の子供の頃の話。ご両親の出逢いや結婚生活なども聞いてみても♪
  • ✔ 自分や自分の家族の話
  • どんな家庭・環境で育ったか。どんな子供だったか。思い出話をすると和やかな空気が流れます。
  • まとめ

    結婚が決まったら、次に何をするか分かりましたか?そう、女性の親へ結婚の挨拶!緊張しますよね。
    事前にお互いの情報と親の情報を交換して、当日の会話のトレーニングをしておきましょう。ヘアスタイルも服装も入念にチェック!清潔感・誠実感を大切にして。先ずは見た目から良い印象を持ってもらいましょう。前もって手土産の準備も忘れずに!
    これでもう心の準備はバッチリですね!基本的なことが分かったら、挨拶の日取りを決めて、二人そろって結婚の挨拶へ。
    結婚に関して分からないことがあったらなんでもお気軽にブライダルカフェへご相談ください。ブライダルに精通したブライズメイトがあなたに寄り添って、お答えいたします。

    Pocket