BRIDAL CAFE MAGAZINE

Pocket

結婚式マナー

2016.01.08 (Fri)

結婚式の披露宴に参列する時の服装は?失敗しないドレス選び!

結婚式の披露宴に列席する時の服装は
結婚披露宴に着ていくパーティードレスについてのマナー。冠婚葬祭に来ていく服装にはドレスコードと呼ばれる服装のルールがあります。結婚式にお呼ばれした時の服装は?NGポイントを知れば失敗しないドレス選びが可能です!

知っておきたいNGポイント、結婚式の服装で避けたいドレスコーディネート

結婚披露宴の衣装選び、NGマナーの服装編。まずはこれだけは避けたいNGマナーの服装からご紹介いたします。

全身白系ドレスでコーディネートはNG!

全身白系ドレスでコーディネートはNG!

結婚式においての白は花嫁様の色、白系ドレスのコーディネートはNGです。真っ白以外にもクリーム色やシルバー、薄いピンク色など、白く見えてしまう服装は避けましょう。また、全身コーディネートではなくても、白いボレロやストールも座ると白いドレスを着ているように見えるため注意が必要。

白色は全て服も小物もすべてNG?
全身コーディネートはもちろんNG。座った上半身が真っ白のドレス姿に見えるものはNGですが、白っぽい小物などは大丈夫です。

黒ドレスはOKだけど、全身真っ黒コーディネートはNG!

黒ドレスはOKだけど、全身真っ黒コーディネートはNG!

黒ドレスはOKですが、黒のドレスにパールのネックレス、黒ボレロに黒靴黒バック・・・喪服をイメージさせる「全身真っ黒コーディネート」はもちろんNGです。
明るい色のボレロやストールなどを合わせて「全身真っ黒」を避けてください。

昼はNG、夜はOK。露出の高い肩だしドレス

昼はNG、夜はOK。露出の高い肩だしドレス。ミニ丈のドレスは注意が必要。

昼の結婚式や披露宴で露出の高いドレスはNGです。
丈の短いミニ丈ドレスや胸元を強調するドレス、ノースリーブの肩だしドレスも昼はNG。何か羽織り物が必要です。
しかし、夜の時間の披露宴に限っては露出があってもOK。女性の夜の正礼装はイブニングドレス(ノースリーブに胸元や背中が空いたロング丈のドレス)。ただし新婦さまより目立つような極端に露出の高いドレスは控えましょう。
※挙式はどの時間帯でも露出は避けて羽織り物を合わせましょう。

毛皮や革の素材、ファーなどはふさわしくないので要注意

毛皮や革の素材、ファーなどはふさわしくないので要注意

「殺生」をイメージする毛皮などの素材は結婚式の場においてふさわしくないといわれています。また、披露宴など料理が提供される食事の場では、毛やほこりがが舞ってしまうファーは避けた方が良いでしょう。

結婚披露宴での装いマナー

結婚式披露宴でのドレスコード

結婚式などの冠婚葬祭に着る服を選ぶときの服装マナー、礼服には格式がつけられています。
格の高いものから正礼装、準礼装、略礼装…立場によって装いを変える必要があり、それぞれに昼と夜の装いは異なります。

女性 男性
正礼装 昼:アフターヌーンドレス
夜:イブニングドレス
昼:モーニングコート
夜:タキシード/燕尾服(テールコート)
準礼装 昼:セミアフタヌーンドレス
夜:カクテルドレス
ディナードレス
スカートスーツ
昼:ディレクターズスーツ
夜:タキシード
略礼装 ワンピース
スカートスーツ
ダークスーツ
ブラックスーツ

準礼装

略礼装

「当日は平服で」など、招待状に指定されている場合もあります

「平服でお越しください」など結婚式の招待状にドレスコードが書かれている場合があります。
平服とは「正礼装をしなくても良いです」という事なので、どんな服でもいいという事ではありませんので、間違ってもラフな服を選ばないようにしてください。イメージとしては高級レストランへ出かけるような服装、基本的には略礼装で問題はないと思います。

招待状のドレスコード指定の例

日時:××××年××月××日 午前11時開宴
尚、当日は平服にてお越し下さいますようお願い申し上げます。
この場合、11時開宴=午前中、平服=略礼装となり、昼の略礼装というドレスコードになります。
指定の無い場合、正礼装は新郎新婦とそのご両親になりますので、それより下の準礼装か略礼装で。開催場所により選択すればよいかと思います。

結婚披露宴の服装選び最大のポイント、それは主役の花嫁様より控えめに!

披露宴の服装の最大のルールは何より主役の花嫁様よりも目立たない、控えめなドレスにする事だと思います。
服装のルールとしてダメなもの以外にグレーなもの、人によって意見が分かれるものもあります。極端な話、花嫁様がOKならばそれで良いわけで・・・。でも大切な友人・知人のゲストとしてはやっぱり素敵な結婚式にしてあげたいと思うはず。当日お色直しでカラードレスに着替えるならば事前に聞いてかぶらないようにしたり、全員が黒いドレスばかりとならないように、皆で相談して色とりどりの華やかな装いで着飾ったり…。どんな新郎新婦なのかは皆さんが良く知っているはず、しっかり見極めて、結婚式に華を添える素敵な装いで楽しい思い出を作ってください。

Pocket